飲食店の売上アップを図るコツ|アイデアをもらおう

税金対策で人気

ビル

設立は比較的簡単

香港で会社設立を行うメリットは第一に税金対策があります。法人税は日本と異なりやすいことが特徴になっています。そのため香港で会社設立するメリットは非常に大きいのです。他にも非課税になる項目が多数あり、これらを積極的に利用する事は企業にとっても収益体制を向上させることができるのです。あくまでも日本国内で収益を上げるビジネスを香港の会計に回すことはできませんが、貿易関連や金融関連など日本国内で必ずしも行う必要がないビジネスについては香港で行う事のメリットが大きくなっています。会社設立は比較的簡単に行う事ができます。日本国内で設立するより簡単なのです。しかも法人格を有していても、それに対して雇用やオフィスなどを必要としないため、実態上のビジネスを香港で回すことも可能になります。会社設立のための要件は日本で法人を立ち上げるのとさほど変わりありません。外国で会社設立を行うと法律の改正など後々問題になるケースがあります。しかし日本以上に法制度がしっかりと完備されている香港では、安心してビジネス拠点を設立することができるのです。外国人のオーナーであっても設立は可能ですので、日本人が簡単に設立できるようになっています。しかし香港へのビザの取得など大変な面もあります。ビジネス目的での入国は他の国以上に厳しい面も持っていますので、注意が必要になります。サポート体制などを利用して臨むことが一番リスクを回避する方法です。